セブン・フィナンシャルサービスの生命ほけん

保険募集代理店:株式会社セブン・フィナンシャルサービス
引受保険会社:ライフネット生命保険株式会社

保険をご検討中のお客さま

保険料の見積りお申し込み

ID登録済みの方は、マイページからお申し込みください。

新型コロナウイルス感染症拡大防止策の一環として、引受保険会社ライフネット生命ではコンタクトセンターの営業時間を下記のとおり変更いたします。

■引受保険会社ライフネット生命 コンタクトセンター(ご契約者さま向け)

現在、コンタクトセンターの営業時間を変更しています

  • 総合受付窓口: 0120-205566 平日10時~19時、土日祝9時~18時(日・祝は保険相談のみの受付)
  • 請求のご連絡: 0120-717991 平日のみ10時~17時30分

なお、上記は暫定対応のため、ウェブサイト内および書面等に記載のお問い合わせ先営業時間は通常時の営業時間となっております。

詳細なご案内はこちらをご覧ください。(引受保険会社ライフネット生命のウェブサイトへ)

閉じる

保険募集代理店:株式会社セブン・フィナンシャルサービス引受保険会社:ライフネット生命保険株式会社

よくあるご質問

キーワードから探す

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

よく検索されるキーワード

就業不能状態に該当する具体例を教えてください。

就業不能状態とは、つぎのいずれかの状態に該当することをいいます。

  • (1)病気やケガの治療を目的として、日本国内の病院または診療所において入院している状態
  • (2)病気やケガにより、医師の指示を受けて自宅等で在宅療養をしている状態

※「自宅等」は、日本国内に限ります。また、老人福祉法に定める有料老人ホームおよび老人福祉施設ならびに介護保険法に定める介護保険施設等を含みます。

<在宅療養とは>

病気またはケガにより、医師の医学的見地にもとづく指示を受けて、軽い家事(注1)および必要最小限の外出(注2)を除き、自宅等で、治療に専念することをいいます。なお、軽労働または座業(注3)ができる場合は、在宅療養をしているとはいいません。

  • (注1)  簡単な炊事や衣類程度の洗濯等のことをいいます。
  • (注2)  医療機関への通院等のことをいいます。
  • (注3)  軽労働とは梱包(こんぽう)、検品等の作業のことをいい、座業とは事務等のことをいいます。
  • 就業されていた元のお仕事(現職)に復帰することができない場合に給付金が支払われる訳ではなく、所定の就業不能状態であることがお支払いの条件になります。

  • 「うつ病」などの精神障害が原因の場合や、「むちうち症」や「腰痛」などで医学的他覚所見がみられない場合は、給付金をお支払いできません。

詳しくは「生活ほけん」 ご契約のしおり・約款をご覧ください。

ご契約のしおり・約款はこちら

就業不能給付金のお支払い対象となった実例は以下のとおりです。

  • 以下の例は、2019年9月末時点の引受保険会社ライフネット生命の就業不能保険「働く人への保険2」および「働く人への保険」(2016年5月31日販売終了)の実例です。就業不能給付金の支払事由となる就業不能状態は「生活ほけん」と同様のため、「働く人への保険2」および「働く人への保険」の実例を掲載しています。
  • 「生活ほけん」は特定の傷病や治療を保障の対象としているものではありません。実例と同一の傷病であっても、支払いの対象外となる場合があります。
  • 実例は、支払実績の一部を掲載しています。実際の支払件数は「保険金等の支払状況」をご覧ください。

保険金等の支払状況(引受保険会社:ライフネット生命のウェブサイトへ)

<就業不能状態から回復された方>
就業不能状態に該当されなくなったため、現在はお支払いしていません。

●男性

年代傷病名給付金月額支払月数
20代精巣がん15万円7
30代骨折後変形治癒10万円4
30代ギランバレー症候群15万円14
30代頚椎捻挫10万円6
30代急性リンパ性白血病20万円21
40代多発性骨髄腫15万円16
40代大腿骨骨頭壊死20万円8
40代頚髄損傷15万円7
40代急性心筋梗塞15万円2
40代尿膜管がん15万円5
50代椎間板ヘルニア15万円2


●女性

年代傷病名給付金月額支払月数
30代卵巣がん15万円19
40代子宮がん15万円25
40代乳がん10万円
(5万円※)
6
40代急性骨髄性白血病15万円22
50代症候性てんかん10万円4
50代骨肉腫15万円
(7.5万円※)
10

※ ハーフタイプ(B型)をご契約のため、就業不能状態に該当した日から540日間(1年6ヶ月相当)は、設定した就業不能給付金月額の50%相当を削減してお支払いしました。


<継続してお支払いしている方>
2019年9月末時点で継続してお支払いしています。

●男性

年代傷病名給付金月額支払月数
30代悪性リンパ腫・後天性免疫不全症候群10万円
(5万円※)
5
40代多発性脳脊髄腫瘍15万円94
40代脳梗塞15万円61
40代パーキンソン病15万円56
40代直腸がん15万円40
40代脳出血15万円25
40代急性骨髄性白血病15万円25
50代解離性大動脈瘤10万円32


●女性

年代傷病名給付金月額支払月数
40代再発子宮頚がん15万円
(7.5万円※)
6
50代脳梗塞15万円28
50代子宮頚部腺がん15万円12

※ ハーフタイプ(B型)をご契約のため、就業不能状態に該当した日から540日間(1年6ヶ月相当)は、設定した就業不能給付金月額の50%相当を削減してお支払いしました。

※記載の実例は2019年9月末時点の情報です。

この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask